CT装置を更新しました

 このたび当院では、最新の80列CT装置(東芝社製AquilionPRIME)を導入致しました。
 本装置の特徴としては、圧迫感のない大口径のガントリ(人体が入るスペース)の採用がなされた装置です。
 また、0.5mmという非常に細かいスライス撮影も可能な装置であり、超高速での心臓撮影や、40mmの4D撮影も可能な装置です。
 CT撮影はX線を使用するものですが、本装置はX線の被ばくを従来比で最大75%も低減した、最先端の被ばく低減機能を搭載した装置です。
 CT検査は体内の様々な病巣を発見することができます。特に心臓、大動脈、気管支・肺などの胸部、肝臓、腎臓などの腹部の病変に関しては、優れた描出能が知られています。

CT装置

ページの先頭へ