スポーツ整形外科 鈴木医師が本を出版しました

新刊のご案内

「肩」に痛みを感じたら読む本 麻生総合病院 整形外科部長 鈴木一秀著

その痛み、実は”爆弾”かもしれない!肩治療のエキスパートが徹底解説!

四十肩(五十肩)の発症率は70%を超え、もはや国民病といっても過言ではありません。
一般に、肩の痛みや違和感は放置する人が多いのが実情ですが、手遅れの場合、尋常ではない痛みと共に日常動作をままならなくなり、最悪の場合は手術が必要になるケースもあります。
本書では、5000件超の治療実績を持つ肩治療のエキスパートである著者が「肩の痛みの原因」および「正しい肩治療」を解説します。


”実は気付いていない重症度”別の治療法&ケア30秒でラクラク診断!

◆鈴木一秀(すずきかずひで)◆
麻生総合病院スポーツ整形外科部長。肩治療のスペシャリスト。医学博士。日本整形外科学会認定専門医。日本肩関節学会代議員。日本整形外科スポーツ医学会代議員。昭和大学藤が丘病院兼任講師。
専門分野はスポーツ整形外科、肩肘関節外科、関節鏡視下手術。1990年昭和大学医学部卒業。
現在は、同病院で勤務医として活躍するだけでなく早稲田大学ラグビー蹴球部のチームドクターを務める。これまで治療してきた患者数は5000人を超す。

お近くの書店、もしくは当院事務部でお求めいただけます。

ページの先頭へ