秋季総合消防訓練を実施しました

 11月22日(木)秋季総合消防訓練を実施しました。
病院では1年に2回、消防訓練の実施が義務付けられています。万が一火災が起こった場合、適切な対応が必要となります。そのためにも消防訓練は重要な訓練となっております。
当日は、初期消火から始まり、避難訓練、救助袋を利用しての屋上から脱出、消火栓の放水、スローダウンの実技、消化器の放射実技などを行いました。
実技を体験した職員からは、見るだけでは気づかなかった避難用具の扱いの難しさを知ることが出来ましたという意見がありました。
今後も消防訓練を適切に実施し、「いざ」という時に備えます。

ページの先頭へ