病院紹介

24時間、地域医療のあらゆる"いざ…"に対応し続けています。

理事長・病院長挨拶

院長 菅 泰博

 私たち医療法人社団総生会は30年以上にわたり、この地域で急性期から回復期、訪問看護にいたるまで、多岐にわたる医療を展開してまいりました。また、平成23年10月には介護付き有料老人ホームを開設し、医療と介護の強固な連携をはかることで、この地域にはない新たなサービスを提供しております。

 しかし超高齢社会を迎え、これからの医療・介護業界は大きく変化しなければならない時代を迎えつつあります。このような社会背景の中で当法人に求められるものは、ひとつの法人内ですべてを完結するのではなく、あらためて地域の診療所や在宅医の先生方、急性期病院や慢性期病院、訪問看護ステーションやケアマネージャー、その他の介護施設や介護事業所の皆様と密に連携していくことである、と確信しております。

 その一助として、平成27年秋から麻生総合病院内に「地域包括ケア病棟」を開設しました。この病棟を有効活用することで、地域で途切れることのない医療・介護の連携システム構築をめざし、更なる取り組みを行ってまいります。

 これからも地域の皆様にとって「すぐそばにある総生会」であり続けるために、日々新たなことに挑戦してまいる所存でございます。今後ともなお一層のご指導ご鞭撻賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

平成27年11月
理事長・病院長 菅 泰博

氏名 菅 泰博(すが やすひろ)
役職 理事長・病院長
専門分野 呼吸器外科・呼吸器内科
出身大学 東京医科大学
学会認定 呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
呼吸器外科専門医
肺がんCT検診認定医師
インフェクションコントロールドクター
外科学会認定医・専門医
その他 医学博士
身体障害者福祉法15条指定医師(呼吸器)、日本医師会認定産業医
東京医科大学 呼吸器・甲状腺外科客員講師
川崎市医師会 理事
川崎市病院協会 理事
神奈川県病院協会 常任理事

理念・基本方針・患者憲章

当院の理念・基本方針・患者憲章です。
患者様の権利を尊重した、心の通った医療を実践します。

病院概要

当院は地域に密着した急性期病院です。(救急・労災指定)

特色・取り組み

大学病院クラスの最新医療機器を備え、地域の中核施設としての機能をさらに充実。
川崎市北部地域の急性期医療ニーズに幅広く対応しています。

 

ページの先頭へ