内視鏡センター

センター長 山本真司
センター長 山本真司

当センターでは、各科医師(消化器内科医と消化器外科医、呼吸器医)、看護師(内視鏡技師)、放射線科技師などが協力して、内視鏡検査を行っています。

検査の内容は消化器内視鏡(胃内視鏡検査、大腸内視鏡検査、胆膵内視鏡検査)や気管支鏡による診断・治療です。

検査場所は、プライバシーを保護するために隔離された内視鏡検査室(2室)や透視室で行い、内視鏡は最新機器を導入しております。

各科医師が綿密に連携をはかることによって消化器出血・急性腹症などの消化器救急疾患、消化器癌や腫瘍、炎症性腸疾患などの疾患の診断から治療まで対応しております。

治療内視鏡においては、早期消化器癌の内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)など消化器腫瘍に対する内視鏡治療や総胆管結石の砕石など胆道内視鏡的治療を得意とする一方、一般的な診断内視鏡においては『苦痛のない内視鏡検査』を念頭において患者様にやさしい内視鏡手技を常に心がけています。

また苦痛を軽減する一つの方法として、鎮静剤や鎮痛剤を使用しており、検査後にお休みいただくための回復室もご用意しています。

今後も患者様に『全然つらくなかった、また検査してもいい』といわれる内視鏡を提供できるようがんばりたいと思っています。

内視鏡センターの待合室です。

検査準備室です。

内視鏡室内にもトイレがあります。(当院は消化器内視鏡学会の指導施設でもあります。)

ページの先頭へ