麻生リハビリ総合病院で「看護の日」イベントを開催しました!

 「看護の日」は、看護の心、ケアの心、助け合いの心を育むきっかけとなるよう、近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなみ、5月12日に制定されました。

 麻生リハビリ総合病院では、5月12日(土)に「看護の日」イベントを開催致しました。
 今年のテーマは、「体験して感じる看護の日」です。
 イベントでは、看護部部署紹介のポスター展示・AED講座・測定コーナー(体温・呼吸・脈拍・血圧の測定、身長・体重・体脂肪・BMIの測定)・試飲・試食コーナー(摂食回復支援食品試食、高栄養流動食の試飲、ソフト食試食)、など実施致しました。 また、昨年に引き続き、近隣の町田市立鶴川第二小学校と第二中学校の合同合唱団、総勢50名の皆さんによる素敵な合唱を披露していただきました!
 奏でられるハーモニーに来場者の方々も聴き入っていました。
 天使の歌声が心に響きました。

 今回も大勢の方にご来場いただき誠にありがとうございました。
 看護部は、今後も質の高い看護サービスをご提供できるよう精一杯努めてまいります。


部署紹介


AED講習


摂食回復支援食品試食コーナー


5月12日は看護の日

ページの先頭へ