主な疾患と治療法

 当科で治療を行っている主な疾患です。その他の疾患についてもお気軽にお問い合わせください。

肩関節

 脱臼癖(反復性肩関節脱臼)や腱板断裂による肩痛などもMRIなどでの精密検査の上、必要があれば関節鏡(内視鏡)で小さい傷で手術治療を行っております。その他の疾患でも手術が必要ない疾患には積極的にリハビリテーションでの加療も行っており、手術が必要であれば積極的に内視鏡での手術を行います。

肘関節

 野球肘(内、外側)、テニス肘などを中心にリハビリテーションや手術加療を行います。離断性骨軟骨炎などには肋軟骨移植術なども必要に応じて行います。テニス肘や関節ねずみなどには関節鏡での治療で小さい傷で行うことが可能です。その他肘が原因の神経によるしびれなどの病気に対しての手術も行います。

スポーツ障害・その他

 その他、手根管症候群(手のしびれ)などの病気に対しても内視鏡手術での治療が可能です。膝痛や足関節の疾患も必要に応じて精密検査、治療を行います。お気軽にご相談ください。

  • 手根管症候群
  • オスグット病
  • シンスプリント
  • 膝半月板損傷
  • 各部捻挫
  • 各部靭帯損傷

ページの先頭へ