スポーツ障害・その他

手根管症候群

手根管症候群とは?

 正中神経が手首(手関節)にある手根管というトンネル内で圧迫された状態で引き起こされます。それに手首(手関節)の運動が加わって手指のしびれや動きづらさを生じる疾患です。初期には示指、中指がしびれ、痛み、最終的には母指(親指)から環指の母指側の3本半の指がしびれます。急性期には、このしびれ、痛みは明け方に強く、目を覚ますと手がしびれ、痛みます。ひどくなると母指の付け根(母指球)がやせて母指と示指できれいな丸(OKサイン)ができなくなります。縫い物がしづらくなり、細かいものがつまめなくなります。

原因は?

 特発性というものが多く、原因不明とされています。妊娠・出産期や更年期の女性が多く生じるのが特徴です。

そのほか、骨折などのケガ、仕事やスポーツでの手の使いすぎ、透析をしている人などに生じます。腫瘍や腫瘤などの出来物でも手根管症候群になることがあります。

診断は?

 手首(手関節)を直角に曲げて手の甲をあわせて保持し、1分間以内にしびれ、痛みが悪化するかどうかを見ます(誘発テスト)。母指球の筋力低下や筋萎縮を診ます。補助検査として、電気を用いた筋電図検査を行います。手根管をはさんだ正中神経の伝導速度を測定します。腫瘤が疑われるものでは、エコーやMRIなどの検査が必要になります。また、頸椎からの神経圧迫を合併しているものもあり、頸椎病変の精査を要することもあります。

治療法は?

 上記の症状があるときは整形外科医に相談してください。消炎鎮痛剤やビタミンB12などの飲み薬、塗布薬、運動や仕事の軽減などやギプスシーネ固定などの局所の安静、腱鞘炎を治めるための手根管内腱鞘内注射などの保存的療法が行われます。

 難治性のものや母指球筋のやせたもの、腫瘤のあるものなどは手術が必要になります。手術には、以前は手掌から前腕にかけての大きな皮膚切開を用いた手術を行われておりました。現在はその必要性は低く、当院では原則内視鏡を用いた鏡視下手根管開放術を行っております。

鏡視下手根管開放術とは?

 手首に約1.5cmの切開のみで、カメラを用いて専用のナイフで下図のように靭帯を切開し、神経の圧迫を開放します。手首の切開のみであり、手のひらに傷がつかないため(右図)、比較的早期より手を使う仕事も可能となります。

ページの先頭へ